sabion’s diary

自分を知るためのブログです。

寄生獣 1話と2話

絵や漫画の技術は低い。(28pの新一が教師に殴られたとされる場面。コマの流れが無機質というか意匠がない、リテラシーの低い読者はスムーズに読み取りにくい) 絵の構図が単純。シンプルともいえるが実はこのシンプルさがグロテスクさの過剰さを抑え読みやす…

生麩丼 大阪

焼き目のついた細長い粟麩とよもぎ麩に甘辛いたれがからんでいる。歯応えが残るように切られた白ネギ。生麩の弾力が心地よい。ただ、うまい!という感情は生まれない。はたして本当に生麩とご飯は合うのか。丼より生麩茶漬けの方がいいのではないかと思った…

ジョジョ第5部論(3)

ブチャラティが登場する。この場面はなかなかカッコいい。 ここでブチャラティがジョルノの顔に流れる汗を舐めるシーンがあるが、ジョジョの持ち味である変態性を考慮しても不自然なシーンに見える。いたるところで感じるが5部は作者のズレ、迷い、のような…

ジョジョ第5部論(2)

2話で涙目のルカ登場。ここでジョルノがディオの子供だと読者に明示させる。読者にわくわくさせる要素がこのあたりはまだある。しかしこの先話が進むにつれ、この第5部は、展開に不自然さ、敵との戦いでの勝利の仕方に強引な解決策や、説得力を欠く描写がい…

ジョジョ第5部論

ジョジョの物語の大きな魅力は意外性にある。中でも優劣が頻繁に逆転するところに読み手は心を揺さぶらされる。有利だった者が突然不利になったりその逆である。例えば4部露伴の有名な台詞「だが断る」はその代表例だ。 5部1話でも逆転を立て続けに仕掛けて…

H30.11.8

最近バーに行ってない。理由は自分なりにわかっている。 仕事で充実感を感じられなくなったからだ。一日を終えて仕事でやりきった感があれば、その報酬を自分に与えようとバーや外食へ足が向かう。経営者に対する決定的な失望と、業務内容に熟練し手持ちぶさ…

好きな名場面、大逆転動画集(メモ用)

・プロ野球1989年8月12日の落合サヨナラホームラン ・麻雀小島武夫の役満上がり ・M1 2007サンドウィッチマン優勝 ・世界陸上ボルト新記録

チャーハンの記録(初回)

材料 ごはん 卵一個 ネギの白い部分 ネギの青い部分 塩 油 まず油をフライパンに熱し、卵を溶かずに入れる。お玉軽くほぐし、白ネギ投入、10秒炒めてご飯投入、おたまでご飯をつぶしてほぐす。焦げそうになったらあおる。塩を全体にふる(今回薄かったので次…

コメダ

今日コメダに行った。 中国人の店員が水を持ってきた。 僕は注文はまたあとでと言った。 それから店員が来るのを待っていたが一向に来ない。 2時間経った。 レジの前を素通りして店を出た。 外から店内を見ると僕が座っていた席をかたずけている。 別に僕に…

万引き家族観賞

さっき名演小劇場で観てきました。 日に日に家族という概念が僕の中で大きくなってきているのを意識させられました。 ストーリーは常識的な形で終わっていきます。物足りなさは感じましたが、具体的な状況を描かずに終わったので、観客の想像で大きく補える…

うどんの記録(だいぶいい)

前回のレシピで作ったら出来がだいぶいい。 水1.2リットル 昆布8g 煮干し20g かつお20g 醤油、みりん、砂糖、塩、適量 水に昆布を入れ30分放置。煮干しも加え中火で沸騰直前に昆布を引き上げる。そのまま10分煮る。煮干しを取り出しかつおを入れて6分。 食べ…

原因と結果を取り違えること

内田樹がよくいっている。 人間は原因と結果をしばしば取り違えるものだ、と。 なるほど、僕もそう思う。それは人間の愚かさのひとつの傾向なのだろう。 個人的な例でいうと、 僕はいつもズボンのポケットに鍵をいれていた。新しいズボンを買ってはきはじめ…

内田樹の言葉。

「いかなる根拠もなしに人を傷つけ損なうもの」の対極には、「いかなる根拠もなしに人を癒し、慰めるもの」が屹立しなければ、私たちの世界は均衡を失うだろう。 僕が 暴力とエロスに関心が行くのは、 笑いと女に関心が行くのは、 売春的なものに関心が行く…

うどんの記録

今日もうどんを作ったけど、うまくいかなかったので、次試したいれしひレシピを記す。 水1.2リットル 昆布8g 煮干し20g 鰹節20g 昆布を水に浸す。30分後煮干しを加え中火。沸騰前に昆布を除き、10分煮る。煮干しを除き鰹節を加え6分煮る。

バッティングセンターへ通う

最近2回行った。今から3回目に行く。 110キロのスピードでチップばかり。芯に当たってもたまたま感しかない。 こんな状態から、通い続けるとどう変化するのかが楽しみだ。

今日思った言葉。

節約とは未来への投資。 失敗の受け入れは未来の自分の強さへの投資。 思ったのでメモ。

うどんの記録

昆布6g、煮干し20gと水1l。水は煮詰まるため1.2の方がよかった。鰹60gぐらい。鰹入れてから10分煮たけど煮干しはその時点で抜いた方がよかった。煮干しのえぐみが出ていた。 しかし初めてこの出汁を作ったで「うま味」を感じた。昆布と鰹だけだと量が必要。 …

徒然草。序段。

つれづれなるままに 日くらし硯(すずり)にむかひて 心にうつりゆくよしなし事を そこはかとなく書きつくれば あやしうこそものぐるほしけれ 訳 特にやることもなく、机に向かって 心に浮かんでは消えていくなんということもないことを、なんとなく書いている…

うどんの記録

三回目ぐらいの出汁か? 鰹は5分ぐらい煮るようにしてる。 またうすいなと感じたが、醤油を足したら割りと形になってきた気がした。 あとはコク。と、香り。

うどんの記録

2回目の出汁を作った。 鰹を5分ぐらいに煮た。前回は20秒ぐらい。 鰹の味は前回より強まったが、なにか、薄いと感じる。単に塩の量なのか?昆布の味か? ねぎとしょうがと七味を入れたの出汁はぐいぐい飲める。薬味を踏まえればこれぐらいの薄味がちょうど…

うどんの記録

6月はうどんの月である。勝手に決めてうどんをたくさん作ろうと思う。 ふわふわ卵うどんを作ってみた。 ふわふわとはいかなかった。 高温のスープに、卵は一ヶ所に集中しないようにおとさなければならない。卵の温度が一気に上昇しないと固まらない。そして…

シュタインズゲート観てる

シュタインズゲートっていうアニメ観始めたんだけど1話さっぱりわからん。 楽しいのかこれ? 研究所の少しイカれた男がひとり時間が歪んだ世界で生きている、という設定ぽい。過去にメールを送信したり、実際経験したことが、あとから無かったことになってい…

2018年の目標

目標というか必ずやることである。やらなければ2019年を迎えてはいけないということである。 「自分の集大成の漫画を形にし、出版社に持ち込む」 これが2018年に必ずやることである。連載がしたいわけではない。まず第一に僕の才能を残したいのだ。原稿とし…

すんなり眠るためには。

休日の夜、気持ちよく眠るには。 1、精神的快(感動、美、コミュニケーション、おもしろさ、読書、散財、旅) 2、身体的快(性、食、運動、音楽、マッサージ、旅) 3、インプット(知識吸収) 4、アウトプット(当日形になる創造) 5、長期的アウトプット(仕込み...…

語彙の豊富さ、例えば寒さについて

語彙の豊富さは概念の豊富さ、それは思考の幅広さである。限られた語だけで言語活動していれば思考の領域も狭まる確率が高い。 キラリと光るアイデアや多様な概念を理解するために多くの語を使うべきだ。 例えば寒さの表現の仕方。 ・肌を刺すような寒さ ・…

少し離れて、本物を作るために。

今この瞬間。 のためだけに時間を使う時代になっている。 インターネットの力で情報が過剰に過剰に溢れ、どんなことにもすぐにアクセス可能で、欲望はすぐさま一定の満足を得られる。 すぐに得られるから今すぐ欲しいと思うのが当たり前になる。 今すぐ満た…

気にせず進め、心配しなくても君は勝手にたくさんの人から必要な影響を受けている

影響とは受動的なものであって能動的なものではない。 「この人の影響を受けよう」なんてことを思ってみてもただ自分が乱れるだけだ。 気づいたら影響を受けていた、人から言われて気づく、といった事後的なものだ。 「この人みたいになりたい」はいいが「こ…

説明するとはレッテルを貼ること

説明するとは 言語化することであり、 物語化することであり、 レッテルを貼ることである。 上記の文章がすでに自己言及的である。 このことに自覚していないと思考が停滞し、発想が凡庸になるので、気を付けながらレッテルを貼らなければいけない。

カクテルグラスを割ってしまった。

大好きなbarで、手が滑ってグラスを落とし割ってしまった。高価なものを破損させてしまった罪悪感とマスターが長い間丁寧に扱っていたものを破損させてしまった罪悪感。 交通事故を起こしてしまったときの感情と本質的に同じなんだろうと思った。 最悪グラス…

20歳の内側

5の車輪 1の電話 1の電車 1の海と電波と桜並木 2のコーヒー これら10のものたちは止まっている。 残りの動く10を4つに割ったとき見えてくるものとは? 大きな変化を求められている。